ヨガにおまかせ from 京都大山崎 ブルーコスモス

スタジオのことをはじめ、ヨガ&京都大山崎をもっと楽しむために役立つ情報をお届けします

ヨガウェアは大切…だと思います☆

ヨガをする時のお気に入りのウェアがありますか? 始めた頃は動きやすい服装、ということで あまりこだわりなく過ごしていましたが、 今はやはりヨガをやりやすい恰好ってあるな、と感じています。

色々試してきましたが、私にとってベストなヨガウェアとは ヨガのポーズをとっていて服のことを気にしないで済む、これに尽きます。 もちろん、お客様の前に立つ時には色のこと等別な視点も入ってきますが ポーズに集中できる服装、というのはヨガをする上で 案外大切な要素のような気がします。

それを強く感じたのは、Tシャツではなく初めてタンクトップを着て ヨガのレッスンを受けた時でした。 ええ~っ! 何この解放感! 肩や腕の動きやすさは…。 私は若い頃からフィットネスに親しんできたわけではありませんし、どちらかというとファッションにはうとく、 服に対するチャレンジ精神は低めです。「腕を出すなんて、恥ずかしい」と普通に思っていました。ですがヨガの場合は、そうではなかったのです。

見た目がどうか(もちろん大切だと思いますが)というよりも ヨガに集中できる環境を整える、という要素の中に服装も入ってくる、 そんな発見でした。 それからはトップス、ボトムス、インナーも含めて 色々な服、ウェアを試しました。ポーズの時にふと服のことを気にしていないかどうか、という視点で。

自分なりにすっきりするまでそれなりにかかりましたが その過程は楽しかったです。どんなウェアを身につけるかで気持ち良くヨガができるかどうか、 影響を与えているのだな、と気付いていくことが。 ポーズを繊細に感じていくと服の重さや厚みも気になります。ですから、寒い季節は上に着込んでスタートしても 服がじゃまだなと思います。 服は体を守ってくれるものでもあり、表現してくれるものでもある。

その一方で体の動きを制限していたり、拘束感を与えていたり、 重たかったり、肌触りがどうであるか等 ある意味ストレスを与えているかもしれない。 ヨガを始めた頃は思っていました。 ヨガがうまくならないとかっこいいヨガウェアは着れない!と。 …私だけかもしれませんが。 でも、そうではなかった。 自分の体にとって心地良い環境を整えるということ。

ヨガウェアには、デザイナーさんやブランドのヨガへの熱い思いも感じます。

人の体は美しい。ウェアものびのびと楽しんでいきたいですね。

written by 竹内有子